脳死 きく
(脳死 社会的)
脳死 きく(脳死 社会的)
脳死と生命倫理/集中治療と患者のプライバシーおよびアメニティ ほか)この商品の関連ジャンルです ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 医

脳死診断の合理性と倫理性の追求という課題に正面から取り組み、真面目に深く考えた人達の建議を紹介している そして最後に、脳死者からの臓器

脳死問題/他者としての科学技術—日本の近代性と科学技術/行きづまりの打開—脳死論争の暫定的解決/社会的な死と葬送儀礼/「人格」の死後

脳死者からの臓器の摘出—違法阻却論の意味/脳死と心臓死—その複雑な関係/死体の保護—生けるが如く/「財物」について—若干の古典的問題

脳死と臓器移植の医療人類学』/芝村良『R.A.フィッシャーの統計理論—推測統計学の形成とその社会的背景』)/学会の活動この商品の関連ジャ

脳死と“人間の尊厳”の問題は、もっとも現代的な問いである 著者は1929年生まれのフランスの著名な弁護士で、多くの政治家・文化人の顧問弁護士

脳死移植技術、補助生殖技術、ヒトクローン技術…「社会的合意」のもとにテクノロジーが受容される解釈の歴史をたどる 【目次】(「BOOK」データ

脳死、がん告知、患者の権利、インフォームド・コンセント、安楽死など、生命を扱う医療が抱える問題点は多々ある しかしながら、これらの問題

脳死、がん、ストレス…「生」を貫き強力に作動する政治力学、恐怖と予防を上昇させネオリベラリズムとも共鳴するその力の本質とは何か 医学生

脳死・臓器移植—社会的合意形成と精神的ケア)/2 つなぐ(積極的平和・非暴力の平和に向けての国際ネットワークの構築/人間と社会の変革へ

脳死、医療、社会を考えてみると— 死から、人間と世界の広がりに向かう、思索の総合演習 【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 死は人生

脳死肝移植適応評価委員会委員長や厚労大臣私的懇談会「脳死下での臓器提供事例に係る検証会議」座長としても広く社会的立場からみた医療問題

脳死や尊厳死の問題はまさにそのことを問いかけているのだ、と著者は言う 生命科学の現状と思想、報道の実態を通じて、近未来の生命操作社会の

脳死と臓器移植、体外受精、安楽死と尊厳死、妊娠中絶等、医療技術の急速な進歩がもたらした諸問題を、徹底して社会的観点から考察し、現代医

脳死』『ぼくはこんな本を読んできた』『精神と物質』『サル学の現在』『巨悪vs言論』『臨死体験』『脳を鍛える』『人体再生』『21世紀 知の挑

脳死・臓器移植を考える委員会」代表世話人)/まやかしの医療制度改革—必要なのはインフラ整備 インタビュー:阿部とも子)/第3章 政治と

脳死・臓器移植と文明のゆくえ—生命倫理学の視点から(SF小説のユートピア/脳死と臓器移植の基本的な関係 ほか)/3 魚介類のDNA組換え実験

脳死と臓器移植を考える 著者:水野精一出版社:かもがわ出版サイズ:単行本ページ数:124p発行年月:1991年05月この著者の新着メールを登録する【

脳死問題」と「早過ぎた埋葬の恐怖」/癌の「告知」と病気の社会的・文化的意味/エイズと治癒のイメージ ほか)/第3章 医療人類学トピック

脳死・臓器移植、死刑、愛国心、民主制、環境破壊と南北格差など具体的問題を素材に、価値観が鋭く対立する他者との間に「約束事としての正義

脳死・臓器移植(地域医療と先端医療のはざまで/話題の無呼吸テストから)/第2章 

このうち②脳死をもたらす原因疾患③患者の年齢ほか全身状態 以外は、患者家族や医療 スタッフの生命観、社会的経済的条件、医療技術の進歩などによって患者ごとに(異なり) 左右され、それは近年になるほど脳死後

去る2月28日、「臓器移植法」施行後初の脳死提供者からの臓器移植が実施され、社会 的にも大きな話題となった。この問題は、単なる医学的な治療行為を超えた人間の生死 ならびに宗教観に直接かかわる問題だけに、宗

現代日本の各個人の遺体観・死生観・宗教観や哲学に基づく多様な価値観によって社会的 に判断されるべき問題である。わが国では、六八年の初めての心臓移植(通称和田移植) の問題がこじれて、その後の脳死臓器移

なお、1)の脳死が人の死であるとの考え方は、平成4年1月22日に公表された臨時脳死 及び臓器移植調査会(脳死臨調)の最終報告以来広く知られたが、正確な診断がなされる ことを前提に医学的にも社会的にも広く受け入

どのようなシステムなら、医療の平等性が保障され、社会的に公正であると言えるのでしょ うか? ざっとみただけでも、この「脳死と臓器移植」問題が多くの分野にまたがっている ことがわかったと思います。興味ある

脳死身体の「利用」の現実性/技術的な可能性/現行法のもとでの可能性/「利用」を 考察する際のチェック・ポイント/脳死身体の各種利用の社会性/「利用」が許される ケースとは/将来の予想/先端科学技術の社

バルーンカテーテルを破裂脳動脈瘤の直前まで送り込んだが、数分の差で間に合わず大量の脳内、脳室内、クモ膜下出血となり脳波も脳幹電位もフラット(平坦)で脳死状態となった。 ... 従って、脳死患者における鼻腔導出

学会の見解の基本的事項は、タ脳死は死であり、これは社会的、倫理的問題とは無関係で あり医学的事象である。チ臓器移植は社会に必要な医療であり、本邦でも健全に受け入れ られたほうがよい。ツ法律は遵守されね

臓器移植で一躍脚光を浴びた脳死であるが、その詳細となると医学生の私でも十分承知 しているわけではない。本書は現在の日本の脳死判定基準である「竹内基準」を作られた ご本人が、脳死について科学的・社会的な

社会的(17pt)
lt;社会的側面gt; 日本では脳死を人の死とする考え方は今でも国民的合意に達していな. い。 最近,臓器移植に限って脳死が一部社会的に認められたにすぎない ... 今後法律によって,脳死の社会的承認を無理に押し進めるよう

この間、約40例の脳死移植が行われた。人の命に深くかかわる問題を宗教界はどう見 ているのか。読売新聞が国内48の宗教団体に実施 ... 今回、死の定義に明確な見解を 示さなかった団体も「十分な社会的合意が必要」(

特にトロントから帰国後のこの五年は、社会的な課題に専門家として打って出る必要性 を感じた。 日本小児科学会倫理委員会での「子どもの脳死と移植」「子どものいのち」「 子どもの意見表明権の保障」の取り組みで

一 序論 「人」の始まりと終わりの論理─問題のありか二 葬送儀礼の現在─伝統的死生観 の検証三 献体と臓器提供─死の拠り所の、遺体への固着と拡散四 「脳死」のインパクト─ 制度の問題五 結論 先端医療問題におけ

key words:脳死,呼吸循環管理. 田中秀治・他 (杏林大学医学部救急医学) ... II 脳死判定の問題点. 1. 竹内基準に基づく脳死判定 ... 2. 脳死と社会的合意. key words:脳死,臓器移植,社会的合意,脳死判定 ...

「脳死は人の死」というのは過去の理解であり、今やアメリカで移植医療に関わる医師 や生命倫理研究者は、全脳死の概念を「論理的整合性を若干欠いていても、移植医療を 支える社会的構成概念として有用」と理解し

脳死の定義には「全脳機能の不可逆的停止」と「脳幹機能の不可逆的停止」とがあり、日本では ... 社会的コンセンサスを得てきたのである。 脳死後の ... しかし社会的コンセンサスが得られるまでは、 ...

仮に改定法案が通り、脳死臓器移植がさらに推進されることにより、どういう社会が到来するとお考えですか。 ... 秘匿されるの脳死の実態と. 「延命効果」への疑問符. より広く考えるべき社会的問題. 今週の書評 ...

現在の生きるに値しない命とは誰かお話:ふたたび 小松美彦(こまつ・よしひこ)さん 心臓移植を海外で受ける生命も脳死で長期生存する生命も命は平等です。 なぜ命の線引き をするのか、社会的・政治的問題について

この間、脳死論議の核心は社会的合意にあった。 一般的に社会的な合意という場合、特殊意思としての個人、全体意思としての社会、特別の位置にある当事者の意思という三つのレベルがあり、その比重はそれぞれの状況

これは「脳死」を「人の死」とする社会的合意が成立していない立場から見ると、当然の帰結である。 ... 医学界内部の論議、専門家と非専門家の対話を含む国民的議論が、答申をきっかけに十分に行なわれ、「脳死」移植

脳死(8pt)
「脳死」とは、生命維持装置によって人工的に心臓や肺は動いている(=体は生きている) ... ( イギリスでは、脳幹死=脳死、と定義する。 ... 現代日本の各個人の遺体観・死生観・宗教観や哲学に基づく多様な価値観によって

去る10月17日(火)のフジテレビ「ニュースJAPAN」で、これまで最も秘匿されてきた 脳死者特有の自動運動、自発運動であるラザロ徴候 .... 人間の存在と意思を冒涜する… 秘匿される脳死の実態と… 「延命効果」への疑問

宇宙戦隊NOIZの古いライブレポ置いてます。 最近は単なる垂れ流し。

立花氏が猛然と脳死論を展開している八年間、およびそれ以降に、脳死問題をめぐってどんな社会的 ... 「脳死」判定の科学的な厳密さを問うことに対するこの信じがたいほどのエネルギー注入のすさまじさは、かえって、

Ⅵ 脳死身体の医学的利用. Ⅶ 手続論と倫理原則. テクノロジー・アセスメント. 社会的ルール ... Wesen放棄宣言を受け容れるための社会的条件. 脳死、移植医療に関する知識 ... 猪熊案は、脳死を人の死とする社会的合意の存

社会的合意と法律整備(「脳死臨調」の構成員、二つの死の判定基準に関する法律の整備、欧米における実状) ... そしてまたここに、現在の脳死と臓器移植に関する「社会的合意」の必要性が問題として出てくる由縁がある

また、脳死の状態では、まだ心臓を動かすことができるので、新鮮な臓器移植も可能と なる。従来の心臓死を死としていては、脳死状態の人から移植のための臓器を取出した 場合、殺人になってしまうので、脳死=死と

さて、脳死が死を巡る問題だとすると、先日向井亜紀さんが記者会見した代理母問題なんか は誕生を巡る問題になりますね。 ちょこっとニュースで見ただけですが、向井さんの純粋 なお気持ちはわからないでもないけれ

〔脳死と臓器移植〕 ... もう回復できない人のために、どれほどのむだな医療費が使われていることか,脳死の人は、もう脳が死んでいるのですから、 ... 障害者をはじめ、社会的弱者がドナーとならざるおえない状況に追い

しかし、答申において多数意見は、「脳死」は医学・生物学的に「人の死」とするのが 合理的であるともいい、1991年6月発表の中間意見書記載の意見からさらに進んで「 脳死」をもって「人の死」とすることは「概ね社会